シェフVOICE

TANTO屋

店舗紹介

TANTOYAシェフ洋食が大好きなシェフが2000年に創業した洋食店、TANTO屋。

JR加古川駅から徒歩15分。閑静な住宅街の一角にあり、「かくれ家」と呼ぶにふさわしい、落ち着いた雰囲気のお店。

「地元加古川周辺の食材を極力使用するように心がけています」と話を切り出した30代のシェフ 杉浦史一さん。加古川市内の野菜農家 都倉農園の都倉貴博さんが栽培するコマツナとの出会いや地元の農業に対する思いなどを語ってもらった。


 

 

■ 都倉農園のコマツナとの出会いは?

  食材を全てフランスから輸入するフレンチのレストランがあるんだから、反対に地元

の食材にとことんこだわる洋食屋をやってみようと思い立ちました。紹介いただいた加古川農業青年クラブの皆さんのお一人が都倉さん。都倉さんと出会ってお話しをするうちに、それまで農業に対して抱いていた疑問や誤解が一気に解けました。都倉農園の畑にも足を運びました。管理の行き届いた都倉農園のビニールハウスの中で、生でかじったコマツナの味に、「これだ!」と思いました。

 

■ どんな料理にコマツナを?

コマツナはカルシウムが豊富で、クセがなく、食感のいい野菜です。こってりした肉料理と、あっさりコマツナの相性は抜群。ソースにしても、サッと茹でて添えても、メインの肉料理を引き立ててくれる名脇役といえますね。

tantoya_001.jpg tantoya_002.jpg

 

■ コマツナなど地元産野菜を料理する時に心がけていることは?

  例えば、都倉農園から店まで約20分。抜きたての鮮度をお客様にお届けすることをモットーにしています。農家の皆さんにはお手数をおかけしますが、地元産の「シャキッとさ」を保つために、毎週、小口で抜きたてを納品してもらっています。畑にかなう冷蔵庫はないからです。新鮮な野菜を、素材の良さを生かして料理する、それはおいしいだけでなく、身体にもいいわけです。新鮮な野菜を使った、こだわりの洋食を通じて、お客様に、明日への活力を提供したいと願っています。

 

■ お客様のご感想は?

  鮮度の良さを味や香り、食感で楽しんでいただけているようで、当店の野菜料理をとても喜んで召し上がってくださいます。お客様のこうしたご感想は、必ず、農家の皆さんにお伝えするようにしています。農家の皆さん、とてもいい笑顔をされますね。農家の生産する野菜を、単に消費する(consume) C の関係から、当店が農家とお客様をつなぐことで、○(マル)、循環の形になると考えています。

 

■ 都倉農園の都倉貴博へメッセージをお願いします

  これからも、おいしく、元気な野菜をよろしくお願いします。

  また、飲みに行きましょう!

店舗情報

■店舗名 : TANTO屋
■所在地 : 兵庫県加古川市野口町良野1759
 JR加古川駅よし、加古川市役所方面へ車で5分、市役所より、南へ歩いて3分、加古川駅から1,385m
■TEL : 079-454-2332
■FAX : 079-454-2332
■E-mail : info@tantoya.com
■URL : http://tantoya.com

■営業時間 :
ランチタイム(月~土)11:30~15:00(L.O.14:30)
ディナータイム(木~土)17:30~21:00(L.O.20:00)

■定休日 :
日曜・祝日

■駐車場 :
有(12台駐車可能)

■席 数 :
30席

シェフVOICE


農家の食卓紹介