シェフVOICE

Feinkost(ファインコスト)

店舗紹介

 

P6090001.JPG

 

 ひょうご雪姫ポークはエコフィードと言われるパンや麺類を配合した飼料を用いて「神戸ビーフ」 のようなおいしい「霜降り肉」を目指して生産された新しい兵庫県産豚肉で、県の「ひょうご推奨ブランド」にも認定されています。(写真下)

 今回紹介する木村友彦さんは、雪姫ポークを生産する養豚業を営みながら直営の豚肉専門店ファインコスト(ドイツ語で美味)を開店し、豚肉の生産から加工・販売まで自ら携わっています。

 また、木村さんは今年2月に、地域のリーダーにふさわしい若手農業者として公益社団法人兵庫みどり公社から青年農業士に認定されました。  

 本日は、姫路城の麓、姫路市北平野のお店に伺い、雪姫ポークの特徴や、ブランド化の確立の取り組みなどをお聞きしました。

認定証.jpg

 
 
 

  お店では、豚肉販売の他、焼き豚、コロッケ、ソーセージ類の販売を行っており、夕食前の買い物客でお店は賑わっています。(写真右上)

 

直営店を始められた経緯を教えてください

P6090009.JPG

 平成15年に、親から養豚経営を移譲されましたが、「養豚農家から直接食卓へ」   美味しい肉を提供したいと考えていたこと、また、弟(真輔さん右の写真左 、右が友彦さん)がドイツで2年半、養豚経営と食肉加工の研修を受けており、その知識を生かしたかったので、平成16年に直営の豚肉専門店を開店しました。 店頭ではドイツを始めヨーロッパでよく生産されているハムやソーセージなどを雪姫ポークを使用して生産しており、(写真下)ヨーロッパの食文化も堪能できます。

 

P6090003.JPG

                                                                                                                                                                                                         

 

 

 

     

 

 

直営店ならではの特徴は何ですか

「自ら店頭に立って販売を行うことで、生産している豚肉の評価を直接聞くことができます。市販の豚肉が食べられなかった子どもが、雪姫ポークなら食べられるようになったとの声や、食の安全に対する意識の高いお客様がリピーターとなっており、生産の励みになっています。」

 コロッケと焼き豚を買って帰り、夕飯に家族で食しましたが、コロッケは「お肉がたくさん入っていて美味しい!」焼き豚も味がまろやか、脂身の部分も甘くとろけるような食感で幸福な気持ちとなりました。なにより生産者の顔が見えるということが大切であることを実感しました。

 

 雪姫ポークの特徴と今後の取り組みについて

 ロース肉中の脂肪含有量が多いため見た目が非常に美しい(写真右)です。また、

P6090005.JPG

非常に柔らかく、脂肪が体温よりも低い温度で溶けるため、脂身の舌触りがなめらかです。さらに、悪玉コレストロール値を押さえる効果があるオレイン酸が多く含まれており、健康増進のためにも非常によいと言われています。

 「今後は、ストレスのない飼育環境の整備とエコフィードの活用による「サシの十分入った、甘みのある美しい豚肉」の生産を推進し、消費者が安心できる食材の提供に努めることで、ブランド力の向上を図っていきたい。」と意気込みを語っていただきました。

 お料理レシピのコーナーでも紹介する予定です。 

 

 

 

店舗情報

■店舗名 : Feinkost(ファインコスト)
■所在地 : 姫路市北平野2丁目1-38 102号
■TEL : 079-222-0270
■FAX : 079-222-0270

■営業時間 :
11:00~20:30

■定休日 :
火曜日

■駐車場 :
2台

シェフVOICE


農家の食卓紹介