農家ボイス

都倉 貴博

■生年月日
  1981年12月27日


■就農経緯・開始時期
経  緯  2006年4月   企業を退職し、研修開始
       2007年11月   就農開始


■生産品目・量
小松菜・水菜・ルッコラ・ホウレン草  年間約50t


■営農場所
 加古川市平荘町・加古郡稲美町


■営農場所の特徴(土壌・気候など)
兵庫県下最大の一級河川「加古川」
温暖な気候に恵まれ古くから宿場町として栄えていました。
東播磨地域には、県下最大の加古大池
県下最古といわれる天満大池
絶滅が心配される生き物が暮らすため池やそれを結ぶ水路及び歴史的な建物など、
個性豊かな農業用施設がたくさんあります
豊富な水源に恵まれた環境で栽培をしております。


■生産にあたってのポリシー・信念・こだわり・好きな言葉など
 東京でアパレル業界の仕事に就き、その後、祖父の畑をいやいやながら継ぎました。
農業界には、おもしろい人が多いことに気づき、次第に魅かれていきました。
農業自体は嫌いですが、楽しい・おもしろいと日々感じています。
ハウス土耕栽培による、味の濃さ、風味の良さ、鮮度の良さが特徴。
当農園の最大の武器は、収穫する際に細心の環境作りを徹底しています。
野菜が一定の水分量を保った状態で収穫するので、野菜が生き生きとして
パシパシと音が聞こえてくるようです。
また、出荷先のニーズに合わせて大きさを選別し、出荷しています。
葉物は日常野菜。
どうしても差別化が難しいですが、クリエイターとして、
葉物の差別化を突き詰めたい。


■お買い求め店舗
 
フレッシュミヨシ
  〒676-0805 兵庫県高砂市米田町米田933−19
  http://www.fresh-miyoshi.co.jp/

ご本人のURLなどリンク先

https://www.facebook.com/tokura.farm


■メッセージ
私どもは、家庭(食卓)が一番人生の中で落ち着ける場所
そして、最高の場所であると考えております。
その最高の場所で最高の食材での食事。
その最高の食材をお届けするため日々、野菜と向き合う時、
愛情と笑顔で我々は向き合っております。
そんな野菜だからこそ、皆様の家庭(食卓)に愛と笑顔をお届けすることが
出来るのです。
皆様に、最高の愛と笑顔を。

 農業人 都倉 貴博

tokura_0017.JPG

シェフVOICE


農家の食卓紹介